みなさまへごあいさつ

平成19年4月に前北西医院を引き継ぎ、「トータルファミリーケア北西医院」として、内科・小児科の診療所を開業して10年になりました。平成29年4月より2名の家庭医(総合診療医)の体制で、今まで以上に地域のかかりつけ診療所を目指し、患者様中心の、良質で安全な医療を実践したいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。


2名の医師の診療の標準化、ガイドラインの確認、問題点の解決を通した診療の質向上のため、診療終了後昼と夕の1日2回カルテの振り返りを行っております。

当院理念

富士地区を中心とした地域の患者様の病気のみならず、その人自身、家族、地域のケアを行い、同時に人材育成などの社会への貢献を行います。

当院基本方針                             

  1. 患者様中心の医療(NBM,病気を診ずして病人を診よ・・・※1)と、最新の理に適った良質で安全な医療(EBM・・・※2)を実践します。
  2. かかりつけ診療所として、年齢を問わず各科を越えたあらゆる健康問題に対応できるよう努力します。ただし他院受診希望も尊重し、病診連携に努めます。
  3. 検査に頼らず病歴(問診)と診察を、薬物治療のみならず生活指導、カウンセリングを、治療のみならず予防、リハビリテーション、緩和・終末期ケアなどを重視します。 また診療時間は各世代に配慮し、積極的に訪問診療にも出かけます。
  4. ご家族の希望も尊重し、いつでも安心を与えられる診療所をめざします。(Family Oriented Care)
  5. 健康教室、行事・催しへの参加、医師会などの活動を通して地域貢献を行います。
  6. 学会・研修会活動、大学・専門学校教員活動、臨床研究やスタッフの育成を通して社会的貢献を担います。
  7. 職員全員がチーム医療を尊重し、地域住民の皆様とも夢を語れる診療所をめざします。
    ※1 語り (Narrative) に基づく医療   ※2 根拠 (Evidence) に基づく医療


    診療科目
       
    内科(循環器、呼吸器、糖尿病、緩和ケア)、小児科訪問診療

    職員
       医師2名、看護師4名、保育士3名、薬剤師2名、事務4名

    院長略歴はこちら ( 29.12.1更新)  副院長略歴はこちら

    トップページへ