病児保育室おんぷ

※ご利用の際の注意点を必ずご確認ください

メッセージ

いつも病児保育室おんぷをご利用いただきありがとうございます。
この1年間、風邪症状の方のご利用を制限せざるをえない期間が多くありました。
風邪などの症状で病児保育を利用されるお子さんの中に、COVID-19のお子さんが潜んでいる可能性があったからです。
令和3年4月1日以降は、病児保育室おんぷを利用されるお子さんには、利用前(前日または当日)に抗原検査(鼻腔)を受けていただくなど新たな対策を加えて、できるだけ受け入れるよう努力したいと思います。
検査は、有効なワクチンがまだ普及していない以上、病児保育を利用するお子さんとスタッフの感染リスクを少しでも減らさなければならないからです。
今後も感染予防対策として、お子さんとスタッフの検温、マスク(可能なお子さんで)の着用、手洗いや手指のアルコール消毒(かぶれのない範囲で)、保育室、おもちゃの消毒を実施いたします。※詳しくはこちらをご確認ください

2021.4.1 院長 北西史直

トータルファミリーケア北西医院では、富士市の委託によりお子様が病気のときの一時預かり事業をおこなっております。

近隣の市町村のお子様もお困りの方はご相談ください。

また、保育室の保育スタッフが、看護分野の勉強のため小児科患者様の診察や処置を見学させていただくことがございます。

病児保育室についての情報は、随時当ホームページでお伝えしてまいります。

その他詳しいことにつきましては、お気軽にトータルファミリーケア北西医院までお問い合わせください。

電話番号 0545-61-011

病児保育室おんぷについて

「病児保育室」って?

トータルファミリーケア北西医院 病児保育室 おんぷでは、富士市からの委託によりお子様が病気のときの一時預かり事業をおこなっております。

病児保育とは、お勤めでお忙しい保護者の方に代わり、病気のお子様をお預かりし、看護師・保育士が協力して看護保育するものです。

開設日

8:30 ~ 17:45

日・祝

×

×

休診日は原則として休室です。
開設日は変更することもありますので、ご利用前には北西医院のホームページ→病児保育室開設日、または電話にて問い合わせください。

・ 利用料金

1回につき 1,500円 (おやつ代も含む)
診察代が別途かかります。(受給者証をお持ちの方500円)

※ 持参したオムツがなくなり、施設のものを使用した場合などは、実費を別途徴収させていただきます。

※ 延長保育は行っておりません。保護者様は17:45に必ずお迎えにいらしてください。
(事故などでやむを得ずお迎えが遅くなる場合は15分延長ごとに100円追加)

・ 定員

1日 6名

・ 対象のお子様

 生後4ヶ月(首がすわってから)~小学6年生以下のお子様で、保護者が就労などの事情があり当日ご自宅で診ることができない方

・ 対象の疾患

 通院で治療の行える範囲内の病状のお子様を対象とさせて頂いております。
また、入院ではございませんので保育室では点滴などの医療処置は行うことができません。
当日の病状などからお預かりできないことがございます

~ 病児保育室 おんぷ ご利用の流れ

1.ご利用登録 

(受付:月・火・木・金の9:10~18:00 昼休み中ご希望の方は事前にお電話頂き、自動ドア横のインターホンを鳴らしてください。)

ご登録には15分程度かかります。

ご利用登録の際 おもちいただくもの

① 利用登録書 →ダウンロード(PDF)
(当日受付でも記入していただけます。)
② 母子手帳
③ 診察券 (トータルファミリーケア北西医院かかりつけの患者様)

2.お子様が発熱などを発症

3.かかりつけ医に受診(当日当院受診も可)

4.病児保育室予約

① お手元に病児保育室登録券、お薬手帳

② 火曜日から金曜日のご利用は、前日の9時10分~18時15分までにお電話ください。

月曜日のご利用は土曜日の8時30分から14時まで、または日曜日の18時から20時までにお電話ください。

③ 当日予約は午前7時~7時半となりますが、定員に達し次第締め切らせていただきます。

④ キャンセルの場合には「予約キャンセルについて」をお読みください。

⑤ キャンセル待ちの患者様で利用が可能な方には7時45分までにご連絡させていただきます。

ご利用可能の電話がない場合には、恐れ入りますがその後ご利用していただくことができません。

5.病児保育室入室・受付       

ご利用当日お持ちいただくもの

・保険証  ・登録券  ・受給者証  ・母子手帳
・お薬手帳  ・処方薬  ・お気に入りのおもちゃ
・昼 食  ・水 筒  ・おしぼり  ・ビニル袋(3枚)
・着替え用衣類(オムツ等)
・バスタオル←シーツの上に敷きます

※お手数ですが、その日の病状にあったお弁当やレトルトの離乳食などを持参してください。
※持ち物には忘れずに名前の記入をお願いします。
※粉ミルクは、小さな缶のものかスティックのものを 多めに持たせてください。
※オムツは持ち帰りとなりますのでご承知ください。

6.受診・病児保育

7.病気回復

8.保育園・保育ママ・幼稚園・託児室に通園、小学校に通学

~令和4年度利用料の減免について~

ひとり親家庭等の方々の子育てにかかる経済的負担を軽減するため、令和4年4月1日より、病児保育室おんぷで実施している病児保育事業の利用料(おやつ代を含む。)について、減免制度を開始します。減免を受けるには、事前の申請及び決定が必要になります。

①対象者
母子家庭又は父子家庭及び父母がいない児童若しくは父母が監護しない児童を養育する世帯であって、児童扶養手当を受給している方又はそれに準ずる者と認められる方

②減免額
半額(750円)

③適用時期
令和4年4月1日から令和5年3月31日までの利用分

④申請及び決定
利用日までに、「利用料減免申請書」に必要書類(児童扶養手当証書の写し等)を添付して、当院受付へ提出してください。
なお、減免申請の結果については、後日通知書でお知らせします。昨年度申請した方も、本年度分を再度提出してください。

⑤その他
・婚姻等により要件を満たさなくなった場合は、速やかに所定の様式により当院受付に届け出てください。
・申請の時点で、利用料を滞納している場合は、減免することができません。
・この制度は県の事業に基づき実施するため令和5年4月以降の継続については未定です。

※ご利用の際の注意点を必ずご確認ください