病児保育室おんぷの新型コロナウイルス感染症対策について(2020/7/27更新)

(重要)病児保育室では現在、発熱、咳、鼻などかぜ症状のある方のお預かりを見合わせております。(2020.7.27更新)

現在、下記の対策を行っております。


・新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者、ご家族等は利用できません。

 利用制限に関しては流行状況に合わせて、事前に富士市と協議の上変更することがあります。

・保育士の予防衣、エプロン等は毎日交換洗浄。

・待合場所をパーテーション付き椅子や個室に隔離する。

・かぜ症状のある2歳以上の患者様にはマスクをご使用いただく。

・ 接触感染対策として、利用後毎回、椅子、机、おもちゃ、ドアなどの0.05%次亜塩素酸ナトリウム消毒液(ミルトン、ミルクポン)での消毒。

・スタッフは、頻回のアルコール手指消毒、手指洗浄につとめる。

・体調不良スタッフの出勤停止。

・定期的に2方向の窓を開け、風の流れを作る。

・受付カウンター、待合椅子の0.05%次亜塩素酸ナトリウム消毒液(ミルトン、ミルクポン)での消毒を1日2回以上行う。

・問診票記入用ペンを毎回消毒する。

・受付の列は十分な距離をとっていただく。

以上

トップページへ