子宮頸がん(HPV)ワクチンと就学前の百日咳とポリオワクチン追加について 2020.1.3更新

ヒトパピローマウイルスワクチン(通称子宮頸がんワクチン)

現在も定期接種のままで、当院では積極的に接種を推奨しています。
定期接種の対象:小学校6年生〜高校1年生相当の女子 →富士市在住の方無料
任意接種の対象:9歳(4価)、10歳(2価)〜上限なし →当院接種料金 1回目17,300円(税込)、2回目15,400円(税込)

百日咳(三種混合)ワクチン

乳児期4回目のワクチン以降5年で免疫が減衰するため就学前の追加ワクチンが推奨されています
任意接種の対象:5歳以上7歳未満(日本小児科学会推奨)※任意であり7歳以上も可

ポリオワクチン

乳児期4回目のワクチン移行5年で免疫が減衰するため就学前の追加ワクチンが推奨されています
任意接種の対象:5歳以上7歳未満(日本小児科学会推奨)※任意であり7歳以上も可

→どちらも自治体の助成がございませんので、百日咳(三種混合)とポリオ両方で16,500円(税込)になりますが、当院でMR2期を行った場合(当院で2回目の追加の方)は、14,300円(税込)になります。

トップページへ